のし袋や香典袋を使用する際の注意点

冠婚葬祭には、のし袋や香典袋が必要です。
お祝いやお悔やみの気持ちを表すため、袋に紙幣を包んで相手に渡すのですが、慶弔の種類や渡す相手との関係によって適切な種類を選ぶことが大事です。
適切な種類でない袋を選んでしまうと、こちらの気持ちが伝わらないばかりか、相手を不快にさせてしまうこともあるのです。
慶事の場合は、慶事用ののし袋を用います。
慶事の種類に合わせて適切な水引ののし袋を選ぶのですが、複数回祝うことができる慶事の場合は蝶結びの水引、結婚など一回だけのお祝いがふさわしい慶事には結び切りの水引があるのし袋を選びます。
次に弔事の場合は、香典袋を用います。
香典袋の水引は、一度で終わるようにとの意味を込めて結び切りになっています。
結び切りの一種のあわじ結びが香典袋の水切りの主流になっています。
香典袋の水切りの色には、黒白と双銀があります。
黒白の水切りを用いるのが一般的ですが、包む金額が大きい場合には双銀の水切りを使うこともあります。
のし袋や香典袋には、袋の上側に表書き、下側に名前を記すことが決まっています。
表書きや氏名の記入には筆や筆ペンを使うことがマナーで、万年筆を含めてペン書きをすることはマナー違反になります。
また、特に香典袋に記入する表書きには注意が必要です。
相手の宗教や宗派によって使ってはいけない表記があるからです。
相手の宗教や宗派が曖昧な場合は、御香料や御香資という汎用的な表記を使うとよいでしょう。